Help

ナウマンゾウDSC_0319

Photos: ナウマンゾウDSC_0319

Photos: 北海道百年記念塔 DSC_0360 Photos: ナウマンゾウDSC_0317

ナウマンゾウは、約65万年前から数万年前まで東アジアにすんでいたゾウで、北海道
には少なくとも12万年前に本州から渡ってきました。1969(昭和44)年に十勝地方
の忠類村(現在の幕別町)で発見されたナウマンゾウは、全国から集まった研究者
とボランティアによって発掘され、ほぼ1頭分の化石が見つかりました。年を取った
ゾウで、オスであると考えられています。ここにある復元全身骨格はこの化石をもと
につくられたもので、ケース内にあるのは化石の実物です。

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/wp-content/themes/hokkaidomuseum/images/forign_pdf/JPN-prologue.pdf

2019年5月14日

Favorite (9)

9 people have put in a favorite

Comments (2)

  • みーお

    上顎の2本の門歯が伸びて牙に、あとは上顎、下顎の
    臼歯しかないというのはゾウさんたちの
    特殊な進化ですよね^^ とっても凛々しい牙ですね(*´▽`*)

    私の拙作を見に来ていただいてありがとうございました(*^_^*)ノシ

    12-06-2019 18:06 みーお (23)

  • 未来よ

    詳しいコメントありがとう。
    また、見に行きます。

    12-06-2019 20:39 未来よ (2)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.