ヘルプ

毒がないのに喰えない茸ってな~んだ?Mushrooms,Cappadocia

写真: 毒がないのに喰えない茸ってな~んだ?Mushrooms,Cappadocia

写真: 竹島の警備隊員 Policeman on Dokdo Island 写真: 風に揺れる蓮の茎 Nissanka Latha Mandapaya

トルコ屈指の観光地カッパドキアのパシャバー地区キノコ岩。2015/6/17
Rocks looking like mushrooms dramatically against the blue sky in Cappadocia,Turkey.

アルバム: 公開

お気に入り (29)

29人がお気に入りに入れています

コメント (21)

  • fam

    マッシュルームロックですか~おもしろいですね~知らなかったです~
    家のような 巨人の彫刻家が削ったような

    2016年4月27日 15:41 fam (43)

  • なりたく

    似てますね(爆)

    2016年4月27日 16:29 なりたく (20)

  • ピロ君

    これは人工物なんです?

    2016年4月27日 16:32 ピロ君 (0)

  • ちくら(chikura)

    famさん、早速のコメントありがとうございます。
    ここパシャバー地区は3本のキノコが生えているような岩で有名です。かつて修道士が住んでいた岩があります。
    帰りの終バスに乗り遅れて夕方の道を歩いて戻りましたが、ギョレメに着く前に暗くなって心細くなりました。黄昏時、放し飼いの3匹の犬に吠えたてられて噛みつかれるかと思いました。「逢う魔が時」ではなく「逢う犬が時」でした。

    2016年4月27日 16:43 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    なりたくさん、コメントありがとうございます。
    喰えないトルコキノコです。こういうのがあちこちにあるのです。

    2016年4月27日 16:46 ちくら(chikura) (0)

  • ろごきっと

    不思議な自然美ですね。

    2016年4月27日 16:59 ろごきっと (117)

  • ちくら(chikura)

    ピロ君さん、コメントありがとうございます。
    降り積もった火山灰の上に溶岩が流れてできた地層が、水の流れによって浸食されてキノコ岩ができます。上部の黒い部分が溶岩、下側の白い部分が火山灰が積もってできた石灰岩の層です。そのからくりは、溶岩の層より石灰岩の層が浸食を受けやすいために、下部が大きく削られてキノコ型が形成されます。
    今夜は、このキノコ岩をみて松茸を妄想しながらお酒を召し上がってください。

    2016年4月27日 16:59 ちくら(chikura) (0)

  • ピロ君

    はい、そうします。

    2016年4月27日 17:13 ピロ君 (0)

  • ちくら(chikura)

    ろごきっとさん、コメントありがとうございます。
    自然は思いもよらない造形をするものですね。ギョレメ地区のサクサアンとエリフ・スターという2つの洞窟ホテル(Cave Hotel)に泊まりました。

    2016年4月27日 17:18 ちくら(chikura) (0)

  • nekomama

    可愛い鳥さんにも見える~
    羽根を閉じて直立してる~

    2016年4月27日 19:53 nekomama (38)

  • ちくら(chikura)

    nekomamaさん、コメントありがとうございます。
    思ってもみませんでしたが、ご指摘のように羽根を閉じたように見えました。
    猫をたくさん飼うとこのような観察ができるようになる効用があるのでしょうか?

    2016年4月27日 23:28 ちくら(chikura) (0)

  • ミノル

    これがカッパドキアですか!
    なんでこうなっちゃんですかね?
    岩に穴を開けて住んでいるのですよね、涼しい?

    2016年4月28日 14:55 ミノル (6)

  • ちくら(chikura)

    ミノルさん、コメントありがとうございます。
    簡単にいえば、火山灰の層とその上の溶岩の層が、浸食されるとき、下の柔かい層が余計に削られて形成されたということです。ここではありませんが、ギョレメ地区で洞窟ホテルに2泊しました。観光客に人気があります。

    2016年4月28日 16:08 ちくら(chikura) (0)

  • パール

    大きなきのこですね。上の部分が渦巻きのような~大分と年月かかっているのかしら、風がきつくて、石が削られて?こんな形に。
    カッパドキアの写真有難うございます。有名ですね。

    2016年4月28日 22:39 パール (7)

  • さすらいのみきっち

    おもしろいです。
    ムーミンの家。

    2016年4月29日 10:12 さすらいのみきっち (7)

  • ちくら(chikura)

    パールさん、コメントありがとうございます。
    約1100万年前に始まったとされる火山活動によってできた地層が、浸食されて生成された奇観のようです。気の遠くなるような話ですね。

    2016年4月29日 11:33 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    さすらいのみきっちさん、コメントありがとうございます。
    先端だけ見ると、さながらムーミン屋敷ですね。すると、ここはムーミン谷になります。

    2016年4月29日 12:04 ちくら(chikura) (0)

  • MR2

    侵食され易い層とそうでない層の為に出来た地形なのですね。世界的にもここしか例がないのでしょうか?

    2016年4月29日 18:06 MR2 (41)

  • ちくら(chikura)

    MR2さん、コメントありがとうございます。
    旅行のガイドブックなどには「世界で唯一の奇観」などと記述されていますから、少なくともこれほど大規模なものはないのではないでしょうか。
    火山の噴火とその後の浸食というアナトリアならではの条件が揃ったということでしょう。

    2016年4月29日 22:59 ちくら(chikura) (0)

  • yume

    これは有名ですね。
    不思議な岩、素晴らしいです。
    色々ゆっくり見せて頂きますねぇ^^

    2016年6月3日 20:07 yume (12)

  • ちくら(chikura)

    yumeさん、コメントありがとうございます。
    世界的に有名で、日本人にも人気があります。夜明け頃に気球に乗って、この奇観を上空から眺めるツアーがありますが、稀に落下事故があるので怖くて乗れません。

    2016年6月4日 06:39 ちくら(chikura) (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。