Help

15.06.23.関出雲守屋敷跡(墨田区亀沢1丁目)

  • 60

Photos: 15.06.23.関出雲守屋敷跡(墨田区亀沢1丁目)

Photos: 15.06.23.依田六郎屋敷跡(墨田区亀沢1丁目) Photos: 11.03.24.津軽藩上屋敷跡(墨田区亀沢2丁目 緑町公園)

もしくは岡保右衛門屋敷跡。
立ち位置より東向き・南向き。



mixiコメント 2015年06月27日 17:53
●関左近――
近江国蒲生5000石の旗本。
平姓関氏。桓武平氏維衝流。伊勢関氏。

本姓が平氏の関家は、伊勢国鈴鹿郡を本拠とした豪族。出自には諸説あり、伊勢平氏 平維衡の流れであることは大概だが、鎌倉時代までの数代が明らかになっていない。

元弘3(1333)年、前北条家滅亡後、当代 関盛政が関東から関谷に移り、一党の基礎を築いたとされる。
盛政には5人の子があり、長男 盛澄を神戸に(神戸氏祖)、2男 盛門を国府(こう)城に、3男 盛繁に本家を継がせ亀山城に、4男 盛宗を鹿伏兎(かぶと)城に、5男政実を峯城に、それぞれ配して勢力を伸ばした。
南北朝時代、義良親王(後村上天皇)が奉じられた南朝勢力 陸奥の北畠顕家に従った。伊勢国で北朝方の長野氏や高師泰と戦っている。
室町時代、幕府の支配下におさまるが、南北の皇位継承権の取り決め(大覚寺統3と持明院統とが交互に皇位を継承すること)を幕府(北朝)が反故にしているとして、伊勢国司 北畠満雅が挙兵。協力を求められ幕府軍と戦うが敗れ、降伏。
戦国時代、北伊勢地方を領する勢力となっていたが、織田信長の上洛に関一党はつぎつぎと麾下に降り、離散することとなった。
当代 関一政は蒲生氏郷の与騎となり、秀吉の九州征伐や小田原征伐に出陣した。のち、氏郷の会津転封に従い、白河5万石を与えられている。

関ヶ原合戦では西軍として参陣するが東軍へ寝返り、戦後、旧領である伊勢国亀山へ封じられた。
慶長15(1610)年、2万石加増のうえ伯耆国黒坂5万石へ移封。
元和4(1618)年、家中内紛のため改易。
子 氏盛が家名存続を許され、近江国蒲生郡に5000石を与えられて寄合旗本に列した。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.