Help

15.06.23.最上采女助屋敷跡(墨田区本所1丁目)

  • 71

Photos: 15.06.23.最上采女助屋敷跡(墨田区本所1丁目)

Photos: 厩橋(墨田区本所1丁目) Photos: 最上采女助屋敷跡(墨田区本所1丁目)

左、最上采女助屋敷南西より西面。
右、南。隣は内藤山城守下屋敷跡。



2015年06月27日 18:08
最上采女助──
最上義連(よしつら)。
天保8(1837)年~明治22(1889)年4月19日。

陸奥国棚倉藩 井上正春(従四位下 ・河内守、侍従。老中)5男。
改名、義連、五道。
内記、采女助。
戒名、晴雲院賣書信士。

江戸時代最後の最上家当主。
交代寄合。
最上義光以降、江戸幕府の役職についた数少ない当主(義智:高家、義実:大番頭)のひとり。
勤皇家。

最上氏──
※開幕後5代 義雅で最上氏男系の血は途絶えている模様。
6代義如の父は永井直増、次男(永井氏分家、2700石旗本。淀藩永井尚政5男尚春の嫡男)。
10代郷倍の父は旗本 久松松平康郷6男。

家紋は足利二つ引。最上氏は清和源氏 足利氏支流。三管領のひとつ、斯波氏分家。室町幕府の羽州探題を世襲できる家格だった。
伊達政宗の伯父 最上義光の血脈。最上氏11代 義光(開幕後初代。従四位上・左近衛少将。のち贈正四位)は出羽国山形藩57万石を領したが、3代藩主義俊の時に改易(元和8(1622)年8月21日)された。
(※最上騒動)
近江国大森藩1万石の小領主と減転封されたのちの寛永8(1631)年に義俊は死去(27)。
嫡男 義智が家督を相続するが、年少を理由に5000石へ減封された。以後、最上氏は交代寄合として明治を迎える。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.