Help

酒井肥前守屋敷跡(江東区毛利)

  • 66

Photos: 酒井肥前守屋敷跡(江東区毛利)

Photos: 12.06.14.酒井肥前守屋敷跡(江東区毛利) Photos: 稲葉兵部少輔下屋敷跡(江東区住吉・猿江)

西・北。
東・南は広大な田んぼ。
左・西、マンション半ばから先にある病院まで、曽根内匠下屋敷跡。


mixiアルバムフォトコメント
https://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=1673655915&owner_id=32815602
2012年06月15日 00:16

●「酒井肥前守」――御書院番、旗本。
本郷丹後守の古地図あり。後か。

※ここの「毛利」は大江毛利家ではなく、紀州商人、毛利藤左衛門が新田開発をした土地であることから。


酒井肥前守の血統は追っかけられず。三河松平同族の酒井以外にも酒井サンいくつかいるし。官途名だろうし。ありえそうなのは左衛門尉家の分家……(≧~≦)=3


※書院番――
将軍直属の親衛隊。
慶長10(1605)年設立。水野忠清、青山忠俊、松平定綱、内藤清次が番頭に任命された。
当初四組、後に六組まで増員、構成される。また親衛隊という性格から、西丸が使用されている時(大御所もしくは将軍継嗣がいる)は、西丸にも本丸と別に四組が置かれる。
一組は番士50名、与力10騎、同心20名の構成からなる。番頭は、その組の指揮官である。朝番・夕番・泊番があり、設立当初は白書院の北に駐在した。
大番と同じく将軍の旗本部隊に属し、他の足軽組等を付属した上で、備内の騎馬隊として運用されるが、敵勢への攻撃を主任務とする大番と異なり、書院番は将軍の身を守る防御任務を主とする。
小姓組とともに「両番」と称せられ、有能な番士には出世の途が開かれていた。
※1600年の関ヶ原の戦いで西軍に与し、戦後 改易されて浪人となっていた立花宗茂が、1604年に徳川家康に召しだされ、宗茂は書院番頭に任じられ、5千石で遇されている。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.